音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

Good Riddance

全曲紹介! Good Riddance 「Bound by Ties of Blood and Affection」

Good Riddance(グッドリダンス)「Bound by Ties of Blood and Affection」

Good Riddance 「Bound by Ties of Blood and Affection」の収録曲


1.Made to Be Broken
2.More DePalma, Less Fellini (Luke Pabich)
3.Saccharine
4.Up the Affiliates (contains a dialogue excerpt from the film Escape from New York)
5.Boxing Day
6.The Dubious Glow of Excess (Pabich)
7.Black Bag Confidential
8.Paean to the Enlightenment (Chuck Platt)
9.There’s No ‘I’ in Team
10.The Process
11.Dylan
12.Remember Me
13.Shame, Rights & Privilege (Platt)
14.Bobby Baun (contains a dialogue excerpt from the film The Breakfast Club)

Good Riddance 「Bound by Ties of Blood and Affection」とは


FATWRECKCORDSの裏番長Good Riddance(グッドリダンス)の2003年5月20日に発売された「Bound by Ties of Blood and Affection」。
しょっぱなからテンションの高い曲がガンガン!聞きなれた言葉かもしれませんが捨て曲なし!
小さな宝石箱を見つめているような感覚。

スポンサーリンク

オススメは「Boxing Day」

FAT系のドストレートメロコア。純度100%混じりっ気なし!お気軽豪華なパンクジュース。
ギターサウンドにコーラス、これぞ定番。だけど傑作。

可愛いバンビ、パンクロックで踊り続ける

Good Riddance 「Bound by Ties of Blood and Affection」。
耳にパンクロックが恋しいというときってありますよね?
そのときは迷うことなくGood Riddance!間違いなく踊りだします。だって、心が躍るんだもん。

アーティスト情報

公式Facebook:https://www.facebook.com/goodriddance