音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

They Might Be Giants

全曲紹介!They Might Be Giants「They Might Be Giants」(ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ)

They Might Be Giants「They Might Be Giants」のジャケット

They Might Be Giants「They Might Be Giants」の収録曲


1 Everything Right Is Wrong Again
2 Put Your Hand Inside The Puppet Head
3 Number Three
4 Don’t Let’s Start
5 Hide Away Folk Family
6 32 Footsteps
7 Toddler Hiway
8 Rabid Child
9 Nothing’s Gonna Change My Clothes
10 (She Was A) Hotel Detective
11 She’s An Angel
12 Youth Culture Killed My Dog
13 Boat Of Car
14 Absolutely Bill’s Mood
15 Chess Piece Face
16 I Hope That I Get Old Before I Die
17 Alienation’s For The Rich
18 The Day
19 Rhythm Section Want Ad

They Might Be Giants「They Might Be Giants」とは?

They Might Be Giants(ゼイ・マイト・ビー・ジャイアンツ)は1982年ニューヨークのブルックリン地方にて結成したバンド。
メンバーはジョン・リネル (“John Linnell”) とジョン・フランズバーグ (“John Flansburgh”)。
They Might Be Giantsのセルフタイトル「They Might Be Giants」は、1986年に発売。
ロック、ポップなメロディ。
やさしい短編小説を読んでいるような、そんな錯覚に陥る名曲そろいの名盤アルバム「They Might Be Giants」。
バンド自身の代表曲は「Don’t Let’s Start」は必聴。

スポンサーリンク

オススメ代表曲は「Boat Of Car」


They Might Be Giants「They Might Be Giants」のなかで代表曲のオススメは「Boat Of Car」。
安っぽいピコピコ鳴る電子音、エレクトーンが特徴的でアルバム中盤に相応しい名曲。
もちろん名曲中の名曲「Don’t Let’s Start」は一度聞けば耳に残るキャッチーすぎる曲でおすすめです、

They Might Be Giants「They Might Be Giants」制作時のメンバー

名前 担当
JOHN FLANSBURGH なんかいろいろ
JOHN LINNELL なんかいろいろ

 

アートを音に変換

間違えなく巨人を証明したアルバム


今回紹介したThey Might Be Giants「They Might Be Giants」。
They Might Be GiantsをGoogleで翻訳すると「彼らは巨人になるかもしれない」。
このアルバムを聞くと間違えなく巨人を証明した。そんなThey Might Be Giantsです。

アーティスト情報

公式ホームページ:https://www.theymightbegiants.com/


洋楽ランキング