音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

Jack Peñate

全曲紹介!Jack Peñate「Matinée」(ジャック・ペニャーテ)(マチネ)

Jack Peñate(ジャック・ペニャーテ)「Matinée」(マチネ)のジャケット

Jack Peñate「Matinée」の収録曲


1.Spit at Stars
2.Got My Favourite…
3.Have I Been A Fool?
4.Torn on the Platform
5.Learning Lines
6.Run For Your Life
7.We Will Be Here
8.Made Of Codes
9.My Yvonne (featuring Adele)
10.Second, Minute or Hour
11.When We Die
日本盤ボーナストラック
12. Good Weapon (Bonus Track)
13. Dove Be Good To Me (Bonus Track)
14. Cold Thin Line (Bonus Track)
15. Jack of All Traces (Bonus Track)
16. On the Road (Bonus Track)

Jack Peñate「Matinée」とは


Jack Peñateと書いて「ジャック・ペニャーテ」と読みます。
助っ人外国人みたいな名前のジャック・ペニャーテの2007年のデビューアルバム「Matinée」(マチネ)。
UK出身ですが、UKロックというよりかはギターポップといった感じで若干80年代風なテイスト。
コステロがギターポップを続けていたらこんな感じになるんだろうというメロディです。
一曲目のカッティングギターから始まる「Spit at Stars」は本当に名曲。
ギターロックの単調な曲構成と思いきや、人気曲「Learning Lines」ではメロウな歌声を聞かせたり、バラードの「We Will Be Here」、「My Yvonne」、
When We Dieを連呼する「When We Die」など多面性があり、ソロ名義なのにバンドって感じのKEN YOKOYAMA的なサウンドです。

オススメは代表曲「Made Of Codes」

Jack Peñateの「Matinée」のなかからおすすめ代表曲は
イントロがめちゃくちゃTHE UKロックの「Made Of Codes」。
ただし、すぐにペニャーテ調になる体がウキウキしてしまうご機嫌ナンバー。
Jack Peñate(ジャック・ペニャーテ)「Matinée(マチネ)」。

ソウルでパンクでロックなきらきらギターポップ

ライナーノーツは妹沢奈美さん


「ああもう、好きにならずにいられない。」最高のコメントです。

名前が憶えづらいけど、音は忘れないスターのアルバム、ちょっとまっちね


名前が憶えづらいジャック・ペニャーテ。でも、一度音楽を聞いたら忘れられない。
春の暖かくなる、ちょうど桜が散り始めるころに全力で聞きたくなるアルバムが
ペニャーテです。ペニャーテ。4番DHペニャーテ。
とにかくペニャーテ。ペニャーテペニャーテペニャーテ!これで覚えましたね、ペニャーテ。

アーティスト情報

公式ホームページ:http://jackpenate.com/