音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

Ken Yokoyama

全曲紹介!Ken Yokoyama「Four(フォー)」

Ken Yokoyama「Four(フォー)」

Ken Yokoyama「Four」の収録曲


1.Kill For You
2.What It Means To Love
3.Punk Rock Dream
4.Your Safe Rock
5.Lost You
6.Cute Girls
7.Don’t Make Me Pissed Off,Fuckin’ Son Of A Bitch
8.Falling From Grace
9.It’s My Way, Go Your Way
10.Kokomo(The Beach Boysのカバー)
11.Sleep
12.Let The Beat Carry On
13.Still Burning
14.Addams Family The Theme

Ken Yokoyama「Four」とは


2010年3月10日に発売したKen Yokoyamaの4枚目のアルバム「Four(フォー)」。
前作の「Third Time’s A Charm」に続いてタイトルに英語の数字が入っていて、
四枚目のアルバムなので4とめっちゃそのまんまのタイトル。
今作からギターのレコーディングはこれまでKENさんが演奏していたが、Ken BandのHidenori Minamiが演奏している。
ライブでおなじみの「Punk Rock Dream」やシリアスな展開の「Your Safe Rock」、「Falling From Grace」、
ナーナーナーな「Let The Beat Carry On」、The Beach Boysのカバー「Kokomo」、眠そうな「Sleep」、最後は誰もが一度は耳にしたときがあるメロディの「Addams Family The Theme」。
14曲32分が圧倒言う間に過ぎるフォーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

オススメは「Punk Rock Dream」

夢を語るパンクロック、夢見るパンクロック、夢を魅せるパンクロック、それだけでかっこいいっしょ。

悪魔を操っていたんかい


こういうジャケットいいですよね。サブスクでは伝わらないアーティストの遊び心です。

おれのパンクロックドリームは本当にあったんだ

アルバム購入者限定抽選先行、本当に好きな人だけの特権です。

四回目で確信したパンクロックドリームの音


2021年4月の時点でアルバム「FOUR」は一番KENさんっぽい曲ばかりに。
「Third Time’s A Charm」はちょっとチャカチャカしている感じで、Fourはより重厚、重みを増したような、
個人的にも一番好きなアルバムです。
ライブではあまり演奏しない曲が多いですが、いわゆる隠れた名曲しかないのがFour。
とにかく、フォーー!を聞いて、フォーー!フォーー!フォーー!しまっしょう!フォーー!

アーティスト情報

公式ホームページ:https://kenyokoyama.com/
公式Twitter:https://twitter.com/KenYokoyama
公式インスタグラム:http://instagram.com/kenyokoyamaofficial/