音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

oasis「Definitely Maybe」(オアシス デフィニトリー・メイビー)
oasis

全曲紹介!oasis「Definitely Maybe」(オアシス デフィニトリー・メイビー)

oasis「Definitely Maybe」のジャケット

oasis「Definitely Maybe」(オアシス デフィニトリー・メイビー)のジャケット

oasis「Definitely Maybe」の収録曲

oasis「Definitely Maybe」(オアシス デフィニトリー・メイビー)の収録曲
1.Rock ‘n’ Roll Star
2.Shakermaker
3.Live Forever
4.Cloudburst(日本盤ボーナストラック)
5.Up in the Sky
6.Sad Song(日本盤ボーナストラック)
7.Columbia
8.Supersonic
9.Bring It on Down
10.Cigarettes & Alcohol
11.Digsy’s Dinner
12.Slide Away
13.Married with Children

oasis「Definitely Maybe」とは

oasis「Definitely Maybe」(オアシス デフィニトリー・メイビー)とは
レッチリは「世界最強」という称号があるように、「モンスター」と呼ばれるバンドがあります。
それがイギリスはマンチェスターが生んだロックバンド「oasis」(オアシス オエイシス)。
その「oasis」の1994年発売のデビューアルバム「Definitely Maybe」(デフィニトリー・メイビー)。
「Definitely Maybe」というタイトルだが邦題ではバンド名の「オアシス」になっている。
兎にも角にもこのアルバムははっきり言って名盤であり、UKロックの中でも群を抜いて評価されている。
そして大きくのアーティストに影響を与えた問題作でもある。
ノエル・ギャラガーとリアム・ギャラガーの兄弟。
兄でアルバムの作詞作曲を手掛けているノエル・ギャラガーと弟でボーカルのリアム・ギャラガー。
どっちが兄か弟かがごちゃついたら「のり」を思い出して、エル・アムの順で覚えられる。
テストに出るので覚えておいてください?
ちなみにノエル・ギャラガーの誕生日は5月29日。なのでこの記事の投稿日は5月29日。さらに私の誕生日も5月29日。

モンスターの始まりはバンドを象徴するビッグマウスの名曲「Rock ‘n’ Roll Star」から始まる。
ビートルズの影響を隠せないサイケデリックな「Shakermaker」
泣く子も黙る、バンドを代表するナンバー「Live Forever」
空の青さを物語る軽快なメロディの「Up in the Sky」
バルデラマもびっくりの「Columbia」
ジントニックを頼むときは必ず「ギブミー、ジンエンドトニック」って言ってしまいます。稀代の名作「Supersonic」
エフェクトかかった声が秀逸の「Bring It on Down」
T-REXをリスペクト、人気曲「Cigarettes & Alcohol」
アルバムの中で一番好きですポップでありラブソングの「Digsy’s Dinner」
クラッシュシンバルの音が気持ちいい「Slide Away」
唯一のアコースティックギターソング「Married with Children」
モンスター誕生の瞬間。

スポンサーリンク

オススメ代表曲は「Live Forever」

oasis(オアシス)の「Definitely Maybe」(デフィニトリー・メイビー)の中からおすすめの代表曲は「Live Forever」(リヴ・フォーエヴァー)、」。
この歌は永遠に生き続ける絶対に。
なんでしょう、この「Live Forever」って何十回、何百回聞いても飽きないんです。何度も何度も何度も聞き続けたくなる。
そしていつも発見と新鮮な気持ちにさせてくれる、
人生の節目節目にこの「Live Forever」をかけるんです。だから「Live Forever」を聞くとこれまでのさまざまな情景が浮かんできて、
生きてるって、生きてきたって実感するんです。
なので個人的にも人生と共に過ごしてきた曲をおすすめの代表曲として選びます。

oasis「Definitely Maybe」制作時のメンバー

名前 担当
Liam Gallagher vocals
Noel Gallagher Guitar
Tony McCarroll Drums
Paul “Bonehead” Arthurs Guitar
Paul “Guigsy” McGuigan Bass

モンスターの誕生

ライナーノーツは増井修さん


オアシスのライナーノーツといえば増井修さんですね。
oasis(オアシス)の「Definitely Maybe」(デフィニトリー・メイビー)のライナーノーツは増井修さん

歌詞の日本語対訳は児島由紀子さん

デビューアルバム時のメンバー


ギャラガー兄弟以外のメンバーチェンジが多いバントでしたね。

スポンサーリンク

モンスターは永遠に生き続けらえるんだ

oasis「Definitely Maybe」(オアシス デフィニトリー・メイビー)
今回紹介したoasis(オアシス)の衝撃的なデビューアルバム「Definitely Maybe」(オアシス デフィニトリー・メイビー)。
1994年といえば、ブラーの「パークライフ」、グリーンデイの「ドゥーキー」、オフスプリングの「スマッシュ」、ランシドの「レッツゴー」、ウィーザーの「ブルーアルバム」が発売された年。1994年発売したアルバムを参照

そんな中でも埋もれることなく、一大ムーヴメントを起こしたオエイシス、これがモンスターたる所以か。

たぶんね。

アーティスト情報

公式Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCUDVBtnOQi4c7E8jebpjc9Q


洋楽ランキング