音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

Manic Street Preachers

全曲紹介!Manic Street Preachers「The Holy Bible」(ホーリーバイブル )

Manic Street Preachers「The Holy Bible」のジャケット

Manic Street Preachers「The Holy Bible」の収録曲


1.Yes
2.Ifwhiteamericatoldthetruthforonedayit’sworldwouldfallapart
3.Of Walking Abortion
4.She Is Suffering
5.Archives Of Pain
6.Revol
7.4st 7lb
8.Mausoleum
9.Faster
10.This Is Yesterday
11.Die In The Summertime
12.The Intense Humming Of Evil
13.P.C.P.
日本盤ボーナストラック
14.Drug, Drug, Druggy (Live at Glastonbury Festival)
15.Roses in the Hospital (Live at Glastonbury Festival)
16.You Love Us (Live at Glastonbury Festival)
17.New Art Riot (Live at Clapham Grand)

Manic Street Preachers「The Holy Bible」とは


ウェールズが生んだロックバンドManic Street Preachers(マニック・ストリート・プリーチャーズ)が1994年発売した3枚目のアルバム「The Holy Bible」(ホーリーバイブル)。
伝説、失踪、のちに死亡扱いになってしまったオリジナルメンバーであるギターのリッチー・ジェームズ・エドワーズが
最後の参加したアルバム。
マニックス特有の儚げな、哀愁あるボーカルと何かの怒りを感じるギターのバランスが後世に残るアルバムになったことは間違いではない。
名曲「Yes」がオープニングナンバーを飾る。「Yes」を聞いた瞬間に「The Holy Bible」(ホーリーバイブル)がManic Street Preachers(マニック・ストリート・プリーチャーズ)の中で大きな意味を持つアルバムであることがわかる。
そしてやたらタイトルが長い代表曲「Ifwhiteamericatoldthetruthforonedayit’sworldwouldfallapart」に続く。
「Ifwhiteamericatoldthetruthforonedayit’sworldwouldfallapart」と曲名が長いわりには日本語のタイトルは「アメリカの真実」っていやいや短すぎでしょ!
ただし、名曲中の名曲だ。
リッチーのギターがうなる人気曲「Revol」、日本語の曲名が「自虐の美」の「4st 7lb」、「暗黒の墓碑」「Mausoleu」、
「This Is Yesterday」いやいや、これには邦題ないんかい!ダークな「Die In The Summertime」、6分の大作「The Intense Humming Of Evil」、ラストナンバーながら疾走感を覚える「P.C.P.」と13節からなるマニック・ストリート・プリーチャーズからの聖なる書。
そして日本盤ボーナストラックのライブ版の4曲も最高だ。

オススメ代表曲は「Ifwhiteamericatoldthetruthforonedayit’sworldwouldfallapart」

Manic Street Preachers(マニック・ストリート・プリーチャーズ)の「The Holy Bible」(ホーリーバイブル)のなかからおすすめの代表曲は「Ifwhiteamericatoldthetruthforonedayit’sworldwouldfallapart」。

ここまでアルバムのメジャーな曲を勧めるのは避けてきました。
しかし、マニックスの「Ifwhiteamericatoldthetruthforonedayit’sworldwouldfallapart」は
どうしても勧めないと。
ごめんなさい、サビを聞いて、なんじゃこりゃ、くそかっこいいと、もう説明不要になるくらい
ジェームスの声がやばいです。
もしプロレスデビューをするなら入場曲は「Ifwhiteamericatoldthetruthforonedayit’sworldwouldfallapart」にします。
そのくらいの名曲。
キューモニター

Manic Street Preachers「The Holy Bible」制作時のメンバー

名前 担当
James Dean Bradfield vocals, lead guitar,rhythm guitar
Richey Edwards Guitar
Nicky Wire Bass
Sean Moore Drums

Money Step【iOS】

聖書にちなんだブックレットのデザイン

ライナーノーツは増井修さん


フランスの作家オクターヴ・ミルボーの「苦悶の庭」を引用しています。

享楽的退廃的生活

お住まいアンケートでAmazonギフト券プレゼント

日本語訳は児島由紀子さん


やはり、今回の見どころは「アメリカの真実」や「苦痛に関する公文書」、「暗黒の墓碑」などの邦題の曲名ですね。

13節から構成される享楽的退廃的聖書


1995年に失踪し2008年に死亡認定されてしまったリッチー・エドワーズが参加した
Manic Street Preachers(マニック・ストリート・プリーチャーズ)の「The Holy Bible」(ホーリーバイブル)。
キリストだかなんだか知らないけど、ここにも聖書がある、
それがManic Street Preachersの「The Holy Bible」。
欲望のままに耳を傾けてけらいん。
何かが見えるから。

アーティスト情報

公式ホームページ:https://www.manicstreetpreachers.com/
公式Youtubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/ManicStPreachersVEVO
公式Facebook:https://www.facebook.com/manicstreetpreachers
公式Twitter:https://twitter.com/manics
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/manics/?hl=en

お住まいアンケートでAmazonギフト券プレゼント


洋楽ランキング