音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

NO USE FOR A NAME

全曲紹介! No Use For A Name「Leche Con Carne」(肉と牛乳)

No Use For A Name「Leche Con Carne」のジャケット

No Use For A Name「Leche Con Carne」の収録曲


1.Justified Black Eye
2.Couch Boy
3.Soulmate
4.51 Days
5.Leave It Behind
6.Redemption Song (Bob Marley)
7.Straight from the Jacket
8.Fields of Agony
9.Fatal Flu
10.Wood
11.Alone
12.Exit

No Use For A Name「Leche Con Carne」とは


Lagwagon(ラグワゴン)、Strung Out(ストラング・アウト)、とならんでFAT WRECK CHORDSの御三家の一角を担うNO USE FOR A NAME(ノー・ユース・フォー・ア・ネイム)の1995年発売の3枚目のアルバム「Leche Con Carne」。タイトルはスペイン語で「肉と牛乳」の意味。
10枚近くあるNo Use For A Nameで一番オススメは?と聞かれたら「Leche Con Carne」と即答できるほどの名盤。
しかし、勘違いしないでほしいバンドの代表曲「Soulmate」が収録しているからではない!
オープニングナンバーから人気曲「Justified Black Eye」、「Couch Boy」そして「Soulmate」、ライブで定番の「51 Days」、ボブマーリーのカバー「Redemption Song 」、シリアスギターの「Fields of Agony」、トニー全開の「Fatal Flu」、哀愁ナンバーワン「Alone」、9分3秒っておい!の「Exit」と、
パンクロック史に残る名盤。

(JCVN)メタボ・中性脂肪/脂質異常症

オススメ代表曲は「Soulmate」

NO USE FOR A NAME(ノー・ユース・フォー・ア・ネイム)の「Leche Con Carne」からオススメ代表曲は「Soulmate」。
代表曲といったら、もうこの曲しかないでしょ。
誰が聞いても心に残る「Soulmate」。イントロからノーユース節全快の哀愁メロディーがさく裂!
サビ・ギターソロもめちゃくちゃかっこいい
KEN YOKOYAMAもライブでSoulmateをカバーしてます。

NO USE FOR A NAME「Leche Con Carne」制作時のメンバー

名前 担当
Tony Sly vocals, guitar
Ed Gregor guitar
Steve Papoutsis bass
Rory Koff drums

「Soulmate」の和訳するとが「月曜日の朝に起きたら泣いていた」


FAT WRECKで日本盤を出してほしいですね。「Soulmate」の出だしは「月曜日の朝に起きならなんかあった」みたいな和訳ですね。

名前は不要、ただ心の友がほしい


好きなメロコアアルバムです、好きじゃなかった、大好きなメロコアアルバムです。
NO USE FOR A NAME(ノー・ユース・フォー・ア・ネイム)の「Leche Con Carne(肉と牛乳)」。

ボーカルのトニー・スライがすでに他界しているため、活動をしていないNO USE FOR A NAME。
でも、曲は残っている、心の友たちが歌い続ける。そうだろ、ソウルメイト!


SVO


パンク・ハードコアランキング