音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

NO USE FOR A NAME

全曲紹介! NO USE FOR A NAME「More Betterness!」(ノー・ユース・フォー・ア・ネイム)

NO USE FOR A NAME「More Betterness!」のジャケット

NO USE FOR A NAME「More Betterness!」の収録曲


1.Not Your Savior
2.Life Size Mirror
3.Chasing Rainbows
4.Lies Can’t Pretend
5.Why Doesn’t Anybody Like Me
6.Sleeping In
7.Fairytale of New York (Jem Finer, Shane MacGowan)
8.Pride
9.Always Carrie
10.Let It Slide
11.Six Degrees from Misty
12.Coming Too Close
13.Saddest Song
14.Room 19

家のインターネット回線はドコモ光がオススメ!ドコモ公式HPからのお申込みならおトクな申込特典あり!!申込もカンタン3ステップ!専門オペレーターと相談しながらお申込みができます

 

NO USE FOR A NAME「More Betterness!」とは


FAT WRECK CHORDSの御三家の1人、そして伝説のバンドになってしまったNO USE FOR A NAME(ノー・ユース・フォー・ア・ネイム)の1999年発売の5枚目のアルバム「More Betterness!」。
なんだろう、トニーが一番のびのびして歌っているアルバムという印象があります。
心地よりコーラスとほろりと涙腺を刺激するギターコード。名曲「Why Doesn’t Anybody Like Me」、「Let It Slide」などが並ぶ。
クリスマスの定番ソングThe Pogues(ザ・ポーグス)の「Fairytale of New York(ニューヨークの夢)」のカバーには同じFAT WRECK CHORDSのTiltのボーカルCinder Block(シンダーブロック)がゲストボーカルとして参加。
Hard Rock Bottomの次に好きなアルバムです。

プロレスで例えるなら真壁刀義選手のスパイダージャーマンですかね。

オススメ代表曲は「Why Doesn’t Anybody Like Me」

「More Betterness!」のオススメ代表曲ね。
どうしよう、褒め方がNO USE FOR A NAME節炸裂のミディアムナンバーで、メロディアスであり哀愁があるってありきたりに例えてしまう。
でもねでもね、いい曲なんです。
「Why Doesn’t Anybody Like Me」を聞いて、何とも思わない人はもういいや、来なくていいよって言いきれるくらいの名曲
次の「Sleeping In 」も泣けるのでこの2曲のつながりが最高過ぎる。

NO USE FOR A NAME「More Betterness!」制作時のメンバー

名前 担当
Tony Sly vocals, guitar
Chris Shiflett guitar
Matt Riddle bass
Rory Koff drums

NOUSEFORANAME

もっともっともっと良くしようぜ!もっともっともっと良くなる


NO USE FOR A NAME「More Betterness!」は全14曲44分。
人生でもっとも短く感じる44分だ。「More Betterness!」を直訳すると「もっと良く!」
いまの現状に不満があるならもっと良くしなければならない。
それは他責ではなく、自責の念をもって。
人のせいにしない。自分たちでどうにかする、行動、実行。その先に待ってるのは「More Betterness!」に違いない。

アーティスト情報

所属レーベルのホームページ:https://fatwreck.com/