音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

Ash

全曲紹介! Ash(アッシュ)「Free All Angels」

Ash(アッシュ)「Free All Angels」

Ash「Free All Angels」の収録曲


1.Walking Barefoot
2.Shining Light
3.Burn Baby Burn
4.Candy
5.Cherry Bomb
6.Submission
7.Someday
8.Pacific Palisades
9.Shark
10.Sometimes
11.Nicole
12.There’s a Star
13.World Domination
14.Warmer Than Fire
15.Gabriel
14、15は日本版のボーナストラック

Ash「Free All Angels」とは


3枚目のスタジオアルバムにして、Ash至上最高傑作ともいわれている「Free All Angels」(フリー・オール・エンジェルズ)は2001年に発売。
「Shining Light」、「Burn Baby Burn」、「Sometimes」、「Candy」、「Walking Barefoot」の5曲がシングルカットされたほど。
また「Shark」は「グランツーリスモ3」のサウンドトラックにも使われています。
ポップでキャッチーな名曲ばかりで、とくに一曲目の「Walking Barefoot」は新緑が生い茂る野原に風がやさしく吹いているイメージを連想してならない。
「Cherry Bomb」の曲の展開とかも最高。成功をつかむ瞬間ってこういうアルバムを世に出したときなんだよなと思ってしまう。

オススメは「Cherry Bomb」

あ、さっきも書いちゃいましたが、この宝石箱みたいなアルバムの中で一番輝ているのが「Cherry Bomb」。
シャーロット・ハザレイのコーラスも最高だし、Ashの音楽がカタチになった曲。

煌めきが聴こえる


名言ですよね、「煌めきが聴こえる」。こんな強烈なパンチラインにはなかなか出会わないです。


ライナーノーツはおなじみ田中宗一郎さん

灰色の天使、ここに降誕


初夏、心地の良い光が地面を照らす。
物事が始まる前の朝だ、喧騒という言葉が存在しない空間に鳴り響く、Walking Barefoot。
やさしい光があの子を映す、Shining Light、いつわりのない純粋な光だ。
この世界にいつまでもいたい、空間に居続けたい。
座って寝そべって、あくびをして目を閉じる。
ゆっくりと「Someday」が流れる。
僕はここに居ていいと思うんだ、ここにしかいられないと思うんだ。

そんな散文的な歌詞が降りてくる。
だから
「Free All Angels」
なのか。

アーティスト情報

公式ホームページ:https://ash-official.com/
公式Twitter:https://twitter.com/ashofficial
公式Facebook:https://www.facebook.com/ash
公式Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/ashofficial
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/ash_1977/