音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

Rage Against the Machine

全曲紹介!Rage Against the Machine「Evil Empire」

Rage Against the Machine「Evil Empire」のジャケット

Rage Against the Machine「Evil Empire」の収録曲


1.People of the Sun
2.Bulls on Parade
3.Vietnow
4.Revolver
5.Snakecharmer
6.Tire Me
7.Down Rodeo
8.Without a Face
9.Wind Below
10.Roll Right
11.Year of tha Boomerang

Rage Against the Machine「Evil Empire」とは

Rage Against the Machineが1995年に発売した2ndアルバム「Evil Empire」。前作の「Rage Against the Machine」に比べて、音楽の幅が広がった作品。いい意味で音楽が聴きやすくなって、悪い意味で売れるような音楽になった作品でもある。
ただし、レイジの根幹部分である「怒り」はますます増加している。
1995年の当時の背景は今から想像できない世界だ、ケータイもろくに普及してない、インターネットも出始め、
個人が簡単にアウトプットできる2020年の今に比べると、表現の場は限られていたはず。
数少ない表現の場で多くの大衆から支持されていたレイジの音楽。

サブスクで音楽を知った風の人たちには理解できないCDを買って、プレイヤーの再生ボタンを押す瞬間の高揚感。
決して安くない音楽を買う、無料が当たり前と思っている人たちには理解できない感覚だろう。

オススメは「Bulls on Parade」

「Evil Empire」の中で一番の怒りを感じる「Bulls on Parade」。
「家族の周囲を行進する ポケット一杯に薬莢を詰めてく」
意味はわからない、でもザック・デ・ラ・ロッチャは何かに対してブチ切れて、行動に移し、歌詞に宿っているんだなはわかる。
左翼活動がかっこいいと思えないし、右翼活動もどうでもいい、音楽が表現できていれば、それでいい。
なにをParadeするか、歌詞を読んでもわからないけど、とにかくクソかっこいいに違いはない。

ブチ切れろ、そして表現しろ、それがレイジ、口だけ大将にだけはなるな

11曲47分に込めた想い、早口でまくし立てるラップ、トムモレロのマネできないギターサウンド、
発売から20年経ってなお、語り合える名盤の「Evil Empire」。
ゲリラレディオも名曲、キルザネームもいい、でもね、「Evil Empire」もめちゃくちゃ怒ってるからぜひ聞いてみて!

アーティスト情報

公式ホームページ:https://www.ratm.com/home/
ボーカル ザックのTwitter:https://twitter.com/ZackdelaRocha