音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

Richard Hell and the Voidoids

全曲紹介!Richard Hell and the Voidoids「Blank Generation」(ブランクジェネレーション)

Richard Hell and the Voidoids「Blank Generation」

Richard Hell and the Voidoids「Blank Generation」の収録曲


1. Love Comes In Spurts
2. Liars Beware
3. New Pleasure
4. Betrayal Takes Two
5. Down At The Rock And Roll Club (Alternate Version)
6. Who Says?
7. Blank Generation
8. Walking On The Water
9. The Plan
10. Another World
11. I’m Your Man
12. All The Way

Richard Hell and the Voidoids「Blank Generation」とは


1977年発売のRichard Hell and the Voidoids「Blank Generation」(ブランクジェネレーション)。
70年代NYパンク・ムーヴメントの火付け役、NYパンクの始祖リチャード・ヘルの1stアルバム。
UKパンクとは違った、まさにNYパンクっぽいアーティスティックな部分。
要はNYパンクの美学みたいなのがつまったアルバムなんです。

スポンサーリンク

オススメは「Blank Generation」

なんじゃい!この歌い方!
って、おいおいちょっと待てよ、聞けばかっこいいじゃなぇか!
変な歌い方っていってごめんなさい!
やはりやはりやはり、NYパンクはアートだ。

MNYアートが去った後に訪れる空白の時代

Richard Hell and the Voidoids「Blank Generation」は誰が聞いても歴史的超大作。
だって、リチャードヘルが第一線から退くと、NYシーンにぽっかり穴が開いてしまった。
まさしく空白の時代。
これがブランクジェネレーションの意味なのか。