音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

SLAYER

全曲紹介!SLAYER「Divine Intervention」(スレイヤー ディヴァイン・インターヴェンション)

SLAYER「Divine Intervention」のジャケット

SLAYER「Divine Intervention」の収録曲


1.Killing Fields (キリング・フィールズ )
2.Sex. Murder. Art. (セックス、マーダー、アート )
3.Fictional Reality (フィクショナル・リアリティ )
4.Dittohead (ディトゥヘッド )
5.Divine Intervention (ディヴァイン・インターヴェンション )
6.Circle of Beliefs (サークル・オブ・ビリーフス )
7.SS-3 (SS-3)
8.Serenity in Murder (セレニティ・イン・マーダー )
9.213 (213)
10.Mind Control (マインド・コントロール )

SLAYER「Divine Intervention」とは

スラッシュメタルBIG4、「Metallica(メタリカ)」、「ANTHRAX(アンスラックス)」「Megadeth(メガデス)」、そして「SLAYER(スレイヤー)」。今作はメタル四天王であるスレイヤーの1994年発売の6枚目のアルバム「Divine Intervention(ディヴァイン・インターヴェンション)」。
メタルやスラッシュメタル、ヘビメタは知らなかったけど、少年ジャンプで掲載していた梅澤春人の「BØY」の登場人物「神崎狂」のテーマソング「Serenity in Murder (セレニティ・イン・マーダー )」をきっかけに知ったという方は私と何時間でも酒を飲めます笑 別冊「BOY BIBLE」より笑。
きっかけは当時ハマっていたマンガから入り、「Serenity in Murder (セレニティ・イン・マーダー )」以外の曲を聞き出し、ライナーノーツに書いてあった他のバンドも聞くようになり、音楽は広がっていった自分史の中で名盤。

実際の世界でも「Divine Intervention」は初めてアメリカのBillboard 200でトップ10入り(最高8位)を果たした。またイギリスでも、全英アルバムチャートで15位を獲得。セールスでも成功している。

収録曲はゴリッゴリのスラッシュメタル。北欧のようなキャッチーなメタルではなく、ストロングスタイルの純粋なメタル。
長州力なら「ど真ん中」といってしまいそうな超ド級のメタル。

オススメは「Serenity in Murder」

何度も説明しているから飽き飽きしちゃいますね。でも本当に名曲です「Serenity in Murder」。
イントロからもうお腹いっぱい状態!でもねでもね、いくらお腹いっぱいでもお代わりしたくなる殺人的音楽なんです。

SLAYER「Divine Intervention」制作時のメンバー

名前 担当
トム・アラヤ ボーカル、ベース
ジェフ・ハンネマン ギター
ケリー・キング ギター
ポール・ボスタフ ドラムス

 
家庭用USEN

不変のスラッシュメタルを追求


ドクターマーチン・エアウエア ジャパン

ライナーノーツは増田勇一さん


「深化」はパンチライン。

不変のメタル、不変の想い、進化、深化、神化するバンド


「SLAYER(スレイヤー)」は「Divine Intervention(ディヴァイン・インターヴェンション)」は世界が右を向こうが真っ直ぐ向き続ける宣言だ。
変わらないだから進化し、深化する。
この音楽はラストアルバム「Repentless」まで続いていくんだから、変わらないために変わり続けていくバンドってこういうことだって教えてくれる。
サンキュー、BOY!

アーティスト情報

公式ホームページ:https://www.slayer.net/welcome/
公式Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/slayer


パンク・ハードコアランキング