音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

American Hi-Fi

全曲紹介!American Hi-Fi 「The Art of Losing」(アメリカンハイファイ ザ・アート・オブ・ルージング)

American Hi-Fi 「The Art of Losing」のジャケット

American Hi-Fi 「The Art of Losing」の収録曲


1. The Art Of Losing
2. The Break Up Song
3. Beautiful Disaster
4. Save Me
5. Nothing Left To Lose
6. Teenage Alien Nation
7. Rise
8. This Is The Sound
9. The Gold Rush
10. Built For Speed
11. Happy

American Hi-Fi 「The Art of Losing」とは


American Hi-Fi (アメリカンハイファイ)2003年2月に発売された2ndアルバム「The Art of Losing」(ザ・アート・オブ・ルージング)。
一言で表現するとアメリカンハイファイ至上最高傑作に位置付けられる作品。
一曲目のセルフタイトル代表曲「The Art Of Losing」でポップでキャッチーでなおかつギターロックが鳴り響く。
青春よりも、なんか悪ガキがかっこつけて、でもどこか抜けていて、そういうところが可愛いと思える構成です。
そのほか名曲「Beautiful Disaster」、ライブで人気が出そうな「Rise」、ジャンプしたくなる「Nothing Left To Lose」など、

オススメ代表曲は「Beautiful Disaster」

「The Art of Losing」の中で一番ギターとコーラスがかっこいいナンバー代表曲「Beautiful Disaster」。
これね、ほんとシングルカットしてもいいくらいのギターサウンドとコーラスがアメリカンハイファイっぽい。
ギターとコーラスはまるでカレーのルーとライスの組み合わせ、牛丼に紅ショウガ、そんなぐらいです。

American Hi-Fi 「The Art of Losing」制作時のメンバー

名前 担当
Stacy Jones guitar
Jamie Arentzen guitar,vackals
Drew Parsons bass,vackals
Brian Nolan drums,vocals

手書きの歌詞カード、パンクでFU〇Kだぜ

ライナーノーツは荒金良介さん

歌詞の対訳は必要ですね。

負けの美学?深く考えずにまずこれを聞け、Hey ho Let’s Go!

「The Art of Losing」のイントロは祭囃子のようなドラムから始まる。
要するに「The Art of Losing」はAmerican Hi-Fi フェスだ。
激しくもあり、メロディアスでもあり、抒情的でもある。
でも最後に幸せになる、だってラストナンバーは「Happy」なんだもん。

アーティスト情報

公式Twitter:https://twitter.com/AmericanHiFi
所属レーベルのYoutubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCQnWm_Nnn35u3QGVkcAf87Q


洋楽ランキング