音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

The Coral

全曲紹介!The Coral「The Coral(ザ・コーラル)」

The Coral「The Coral(ザ・コーラル)」

The Coral「The Coral」の収録曲


1.Spanish Main
2.I Remember When
3.Shadows Fall
4.Dreaming of You
5.Simon Diamond
6.Goodbye
7.Waiting for the Heartaches
8.Skeleton Key
9.Answer Me
10.Wildfire
11.Badman
12.Calendars and Clocks
13.Simian Technology

The Coral「The Coral」とは


イギリスはリバプール出身の5人組ロックバンドThe Coral(ザ・コーラル)の2002年に発売した1stアルバム「The Coral」。
いきなりUKチャート5位を獲得。
リバプール青春白書と帯に書かれているように、どこか牧歌的でサウンドオブサイレンス的な要素があるサイケデリックなUKロック。
コーラスというか声が幾重にも連なる「Spanish Main」、「Simon Diamond」、これぞ「THE」がつくUKロックバンドって感じの「I Remember When」、曲の展開とコーラスが美しい「Shadows Fall」、イントロでヒット曲を予感させる「Dreaming of You」、なんかいろいろイカレている「Skeleton Key」、ここまでの曲と色が違う「Badman」と青春って一言で表せられないようにコーラルも一言で表現できない。

オススメは「Badman」

「The Coral(ザ・コーラル)」の中で一番テンションが高いナンバーの「Badman」。
ラストのほうでこの曲を取っておくところが策士というか、音楽の幅に余裕があることを証明しているような、
コーラスの自信を感じる一曲。

やっぱサイケを意識?

ライナーノーツは田中宗一郎さん


出だしがいいですね。もし「音楽の未来は、どこにあるのだろう?」なんて問いがあつろしたら、あなたはこの1枚のレコードを差し出して、こんな風に答えればいい。

「音楽の未来は、過去、そして我々のイマジネーションの中に埋まっている」。そう、今、もっとも古くて、もっとも新しい音楽ーそれが、ザ・コーラルだ。

涙あり笑いあり喜びあり悲しみある、始まりにふさわしいリバプールの風


「温故知新」、言葉では簡単だ、表現するのは難しい。音楽も同様だ。
でも、The Coral「The Coral(ザ・コーラル)」はいとも簡単にそれを表現し、突き抜けてしまっている。
「温故知」だ。
これはね、13曲聞かないとよさは伝わらにと思う、絶対に。1曲切り出して聞いただけではわからない、
青春だって一日ですべてをわからないでしょ。それと同じだよ、あ、違うかもね。どっちでもいいや。

アーティスト情報

公式ホームページ:http://thecoral.co.uk/
公式Facebook:https://www.facebook.com/ArcticMonkeys/
公式Twitter:https://twitter.com/ArcticMonkeys
公式Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCJdm4oKYHwqqZqokqh0tbiQ