音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

Cypress Hill

全曲紹介!Cypress Hill「Till Death Do Us Part」

Cypress Hill「Till Death Do Us Part」のジャケット

Cypress Hill「Till Death Do Us Part」の収録曲


1.Another Body Drops
2.Till Death Comes
3.Latin Thugs (featuring Tego Calderon)
4.Ganja Bus (featuring Damian Marley)
5.Busted in the Hood
6.Money
7.Never Know
8.Last Laugh (featuring Prodigy and Twin Gambino)
9.Bong Hit
10.What’s Your Number (featuring Tim Armstrong)
11.Once Again
12.Number Seven
13.One Last Cigarette
14.Street Wars
15.Till Death Do Us Part
16.Eulogy
17.Ready To Die
18.Roll It Up Again

Cypress Hill「Till Death Do Us Part」とは


アメリカのカリフォルニア州で結成された、ヒップホップグループのCypress Hill(サイプレス・ヒル)の2004年発売の8枚目のアルバム「Till Death Do Us Part」。
ヒップホップグループの知識は。ビースティやパブリック・エナミーぐらいだったのでCypress Hillの存在は皆無。
たまたま見ていたMUSIC ON! TVで流れた「What’s Your Number 」のPVにRANCIDのTim Armstrongがギターを弾いているのを見かけて、すぐに購入しました。
ゴリゴリのヒップホップというわけでもなく、ティムが参加するくらいなのでちょっとロックテイストの曲が有ったり、レゲェ調な曲も有ったり、ヒップホップのジャンルの現状維持をしない試みや挑戦を感じるアルバム。

オススメ代表曲は「What’s Your Number」

Cypress Hillの「Till Death Do Us Part」のなかからおすすめの代表曲は「What’s Your Number」。
ティムのギターが心地いい「What’s Your Number」。
レゲエ調でめちゃくちゃかっこいい。
って、どこかで聞いた時あるようなベースラインだなぁと思っていたら
THE CLASHのLondon Callingに収録されている「The Guns of Brixton」でした。
クラッシュに傾倒しているティムが参加するってのはつながりますね。

ジャンルは「HARD CORE」

ライナーノーツは大野俊也さん

永遠にどこにもいかない音楽


ロックの知識に比べてヒップホップはぜんぜん。だけど、だけど、Cypress Hill(サイプレスヒル)はいいって思う。
あのランシドのティムが協力してるってことはそれだけで充分だ。
ライナーノーツを読んでいると点と点が線でつながる。
とりま、「What’s Your Number」を聞こう。話はそこから

アーティスト情報

公式ホームページ:https://cypresshill.com/
Facebook:https://www.facebook.com/cypresshill
Twitter:https://twitter.com/CypressHill
Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/CypressHillVideo