音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

The Strokes

全曲紹介!The Strokes「Angles」(アングルズ)

The Strokes「Angles」のジャケット

The Strokes「Angles」の収録曲


1.Machu Picchu
2.Under Cover of Darkness
3.Two Kinds of Happiness
4.You’re So Right
5.Taken for a Fool
6.Games
7.Call Me Back
8.Gratisfaction
9.Metabolism
10.Life Is Simple in the Moonlight

The Strokes「Angles」とは


前作の「First Impressions of Earth」から5年ぶりにストロークスが返ってきた!2011年発売のThe Strokes(ザ・ストロークス)の4枚目のアルバム「Angles」(アングルズ)。
ギターロックアルバムから5年の月日が流れて、メロディが「大人へ」昇華したアルバム。
古き良きダンスミュージックのような入りの「Machu Picchu」、展開がストロークスらしい代表曲「Under Cover of Darkness」、途中の「Don’t waste your heart」からの展開がエグイ「Two Kinds of Happiness」、サイケっぽいダークな「You’re So Right」、ストロークスっぽいリズムの「Taken for a Fool」、「12:51」みたいな「Games」、哀愁ナンバーワン「Call Me Back」、華やかで甘美な「Gratisfaction」、メタルな「Metabolism」、シンプルな「Life Is Simple in the Moonlight」と10曲しかないけど、
ストロークス第四章にふさわしいアルバム。
ただ、なんとなく寂しい感じがする。音が一つ一つ孤独な感じがする。

オススメ代表曲は「Under Cover of Darkness」

「Angles」(アングルズ)のおすすめの代表曲は「Under Cover of Darkness」。
「Is This It」は「SOMEDAY」を代表するように純粋なストレートなガレージアルバム、「Room on Fire」は「12:51」にみられる新たな展開を見せるアルバム、「First Impressions of Earth」は重厚なストレート、そして「Angles」は変化を感じるアルバム。
その中でも一番変化があるのが「Under Cover of Darkness」。ライブでも人気が出そうな曲だけあって、生で聞きたい。

The Strokes「Angles」制作時のメンバー

名前 担当
Nick Valensi  Lead Guitar
Julian Casablancas Vox
Albert Hammond  Jr. Rhythm Guitar
Nikolai Fraiture Bass
Fab Moretti Drums

新たなモダンエイジへ本格始動

ブックレットにメンバー紹介!


柄シャツ専門店ArrrT(アート)

ライナーノーツは粉川しのさん


5年の月日について語っています。


まるでドラクエ4をプレイしている感覚、それが「Angles」


私は以前、「Is This It」、「Room on Fire」、「First Impressions of Earth」を勝手に三部作と表現しました。
ドラクエの1~3がロトの物語で個性豊かなメンバーがやがて1つになるドラクエ4がまさに「Angles」だ。
と思っていたら曲名に「Games」があるじゃない!やるな、ストロークス!

アーティスト情報

公式ホームページ:https://www.thestrokes.com/
公式Facebook:https://www.facebook.com/thestrokes?iqID=site
公式Twitter:https://twitter.com/thestrokes
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/thestrokes/
公式Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC28OQSWdiW7jkadedZRRyZA


洋楽ランキング