音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

THE CLASH

全曲紹介! The CLASH「Give ‘Em Enough Rope」-動乱(獣を野に放て)-

The CLASH「Give ‘Em Enough Rope」-動乱(獣を野に放て)-

The CLASH「Give ‘Em Enough Rope」の収録曲

1.Safe European Home
2.English Civil War
3.Tommy Gun
4.Julie’s Been Working for the Drug Squad
5.Last Gang in Town
6.Guns on the Roof
7.Drug-Stabbing Time
8.Stay Free
9.Cheapskates
10.All the Young Punks (New Boots and Contracts)

The CLASH「Give ‘Em Enough Rope」とは


1978年にリリースされたThe CLASHの2ndアルバム「Give ‘Em Enough Rope」。THE BIRTHDAYのチバが一番好きと豪語しているアルバム。
1stアルバム「THE CLASH」(白い暴動)の荒々しさを残しつつ、スカや哀愁のギターが増した今作。
激しいだけがパンクじゃない、クラッシュが教えてくれるそんな作品です。

スポンサーリンク

オススメは「Safe European Home」

最近、オープニングナンバーばかり推していますが、「Give ‘Em Enough Rope」が勢いだけで作ったアルバムではなく、コンセプトがしっかりしていると教えてくれるナンバーなんです。「Safe European Home」は。
ジョー・ストラマーの声も最高ですがミック・ジョーンズのコーラスがさらに最高なんです。

獣を野に放った、砕かれることなく、荒野を走り続ける

The CLASHといえば白い暴動やロンドンコーリングを思い浮かぶかもしれませんが、この「Give ‘Em Enough Rope」-動乱(獣を野に放て)も本当にいいですよ!
クラッシュの入門書としてもオススメです。ロックしてるねー。