音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

NOFX

全曲紹介!NOFX「Liberal Animation」

NOFX「Liberal Animation」

NOFX「Liberal Animation」の収録曲


1.Shut Up Already
2.Freedumb
3.Here Comes the Neighborhood
4.A200 Club
5.Sloppy English
6.You Put Your Chocolate in My Peanut Butter
7.Mr. Jones
8.Vegetarian Mumbo Jumbo
9.Beer Bong
10.Piece
11.I Live in a Cake
12.No Problems
13.On the Rag
14.Truck Stop Blues

NOFX「Liberal Animation」とは


1988年にNOEXのデビューアルバム「Liberal Animation」。
まだFat Wreck Chordsではありません。このアルバムは1991年にEpitaphRecordsから再販されており、
今回紹介しているのは再販版。
数少ないNOFXの日本版。日本版CDは高いという理由からか、1997年以降は「日本版」は出していません。
個人的には英語がチンプンカンプンなので和訳とライナーノーツが好きなんですよね。
今回の「Liberal Animation」のライナーノーツは有島博志さんです。
あと輸入盤って開けにくくないですか?変なシール貼っていて開けにくいし、
シールすら貼ってなくて、どこから開けていいかわからないみたいな。
これで何回もケースを割った思い出があります。
と、輸入盤か国内版かはさておいて。
「Liberal Animation」はメロコアというよりも、とにかくファストで激しい。「White Trash Two Heebs & A Bean」のような
哀愁溢れるギターソロはありません。
しかし、聞いてみるとどっからどうみてもNOFXなんですよね。しかも「You Put Your Chocolate in My Peanut Butter」、「Vegetarian Mumbo Jumbo」や「Truck Stop Blues」は最初にバラード?って思わせるくらいに弾き語りで、とにかくかっけーっす!

オススメは「A200 Club」


「A200 Club」は「Liberal Animation」の中で一番ギターがかっこいい、それだけです。
これだけ聞くとギターボーカルで歌よりもギターで目立たせる曲です感を覚えます。
がマイクはベースなので、歌よりもギターを目立たせた、あまりNOFXにない曲に聞こえます。

教えて有島博志さん!NOFXって


サブスクでは皆無になったライナーノーツ。
私が好きなライナーノーツはケンショーと渋谷陽一さん、増井修さん、そして今回の有島博志さん。
インターネットが普及していない時代に情報収集ができるものが少ないので、
こういうプロの解説は何よりもワクワクさせたものです。

歌詞カードを広げる感覚って今どきの人ってわかるのかな?

出発点、点と点のはじまり、NOFXが描くパンクの未来


サウンドが変わってもNOFXに変わりはない。
この初期作品がエッジが効いたメロディは今時点のNOFXのような気がする。
ペニーワイズやバッドレリジョンみたいに一気通貫しているサウンドもいいけど、
時代によって変わっていく音楽も最高だ。
「こうでなきゃいけない〟っていう事はない」、NOFXはそれを音で証明している。

アーティスト情報

公式Webサイト:http://www.nofxofficialwebsite.com/
Fat Wreck Chordsのサイト:https://fatwreck.com/