音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

The Birthday

全曲紹介!The Birthday「Rollers Romantics」(ローラーズ・ロマンティックス)

The Birthday「Rollers Romantics」のジャケット

The Birthday「Rollers Romantics」の収録曲


1.シャチ
2.stupid
3.MEXICO EAGLE MUSTARD
4.Nude Rider
5.春雷
6.白い蛇と灯台 -後編-
7.Lock On
8.LAZY SUBMARINE
9.KIKI The Pixy
10.焦燥のバラッド
11.King Motor Haus
12.Sheryl

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チバユウスケ詩集モア・ビート [ チバユウスケ ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/7/29時点)

The Birthday「Rollers Romantics」とは


THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、ROSSO、そのほかのさまざまなバンドを結成していたチバユウスケが2006年に結成したバンドThe Birthday(ザ・バースディ)。
そのThe Birthdayの2006年のデビューアルバム「Rollers Romantics(ローラーズ・ロマンティックス)」。
ミッシェルの後半に見えた「守りたい」というメッセージと、ROSSOで描いたロックの世界を融合。
オープニングナンバーの「シャチ」の歌詞

シャチの狩りみたいな 純粋な欲望
さらけ出してさ ここで踊ろうぜ

The Birthdayを指していると勝手に解釈している。
「Rollers Romantics」には代表曲「stupid」、ライブでセトリ人気曲「KIKI The Pixy」、「LAZY SUBMARINE」など名曲そろい。
ROSSOの後期にロックを重く感じてしまって、離れた方でも聞きやすい。
デビューアルバムなので当たり前だがThe Birthdayの入門アルバムとしておすすめ。

オススメ代表曲は「KIKI The Pixy」

The Birthdayの「Rollers Romantics」のなかでオススメ代表曲は「KIKI The Pixy」。
小春日和、冬が終わり春のにおいを感じる昼下がり、風は少し冷たいがフライング気味の夏雲が少し見えそう。
耳にいつもセットされているイヤフォンは今日ばかりはしたくない。
街の音が聞きたくなる、季節の音に耳を傾けたくなる。
そんな叙情的な気持ちになる「KIKI The Pixy」。おすすめだ。

The Birthday「Rollers Romantics」制作時のメンバー

名前 担当
Yusuke Chiba vocals/guitars
Akinobu Imai guitars
Haruki Hirai bass
Kazuyuki Kuhara drums

ローラーズ・ロマンティックス

象でも赤でもない、誕生日おめでとう


ミッシェルでもロッソでもない、ここにしかない音楽、それがThe Birthday。
そのThe Birthdayの最初の一歩が「Rollers Romantics」(ローラーズ・ロマンティックス)。
普通にいいじゃん、聞かないなんでもったいない。ロックしようぜ。

アーティスト情報

公式ホームページ:https://rockin-blues.com/thebirthday/
公式Facebook:The Birthday
公式Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/TheBirthdayCh
公式Twitter:https://twitter.com/TBD_STAFF

メディア買取ネット