音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

SiM

全曲紹介!SiM「Silence iz Mine」

SiM「Silence iz Mine」のジャケット

SiM「Silence iz Mine」の収録曲


1.DIFFER
2.Set me free
3.paint sky blue
4.DUBSOLUTION#1
5.Come together
6.T×H×C
7.Here I am
8.monochrome
9.NUMB
10.self-hypnotized
11.DUBSOLUTION#2
12.Rum

SiM「Silence iz Mine」とは


日本のフェスで欠かせないバンドの1つになったSiM(シム)の2008年のデビューアルバム「Silence iz Mine」。
バンド名の「SiM」略称は「Silence iz Mine」のため、セルフタイトルアルバムでもある。
レゲェ、ハードコア、メロコアで歌詞がすべて英語というスタイル。
物語のはじめを知らせる「DIFFER」、レゲェスカ全開の代表曲「Set me free」、名曲「paint sky blue」、ビートルズをカバーしたバンドで史上最高のアレンジの「Come together」、ライブセトリで人気曲「T×H×C」、MAHとコーラスの掛け合いが最高すぎる「Here I am」、シリアスな展開の「monochrome」、聞いた瞬間SUM41っぽいなと感じた「self-hypnotized」、物語の最終地点を告げるラストナンバー「Rum」と12曲48分のバンドSimのあいさつ代わりのロックアルバム。

オススメ代表曲は「Here I am」

SiMの「Silence iz Mine」の中からおすすめの代表曲は「Here I am」。
曲の展開はもちろん、リズムが心地よくて、もやもや溜まっているうっぷんを晴らすカタルシス的存在のナンバーなんです。
最初のアルバムのため歌詞に

here I am …It’s time to deliver

日本語訳で「俺はここにいる 行動を起こす時がきた」
SiMの意思表示、決意表明と思っています。

SiM「Silence iz Mine」制作時のメンバー

名前 担当
MAH Voices,Guitar
H8 Guitar
BUN a.k.a SANO – Bass
Way Drums
YOU Our friend

Every mouse form a line. Do you get in that line?

YOU Our firiend

沈黙を音に変えるバンドの序曲


日本のロック界のトップランナーであるSiMの原点である「Silence iz Mine」。
サブスクではわからない日本語訳やメンバーリストに「YOU」を入れるなどのバンドの遊び心やメッセージがCDでは味わえる。
ぜひともCDで聞いてほしいアルバム、それが名盤「Silence iz Mine」だ。

アーティスト情報

公式ホームページ:https://sxixm.com/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GET iT OUT/SiM vs Crossfaith[CD]【返品種別A】
価格:957円(税込、送料別) (2021/8/5時点)