音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

SUM41

全曲紹介!SUM41「All Killer No Filler」

SUM41「All Killer No Filler」

SUM41「All Killer No Filler」の収録曲

1.Introduction To Destruction
2.Nothing On My Back
3.Never Wake Up
4.Fat Lip
5.Rhythms
6.Motivation
7.In Too Deep
8.Summer
9.Handle This
10.Crazy Amanda Bunkface
11.All She’s Got
12.Heart Attack
13.Pain For Pleasure
14.Makes No Difference(ボーナストラック)

SUM41「All Killer No Filler」とは


CANADAが生んだメロコアパンクのアイコン的存在のSUM41。
そのSUM41の2001年5月に発売した1stアルバム「All Killer No Filler」。
とにかくキャッチーで1stEP「Half Hour of Power」より音楽がしっかり定着している14曲(ボーナストラックを含む)
ラップありの「Fat Lip」、夏のプールに思いっ切る飛び込む感じの「In Too Deep」、
まさに夏休みの「Summer」と青春パンク、ここにあり。

オススメ代表曲は「Pain For Pleasure」

SUM41「All Killer No Filler」の中のおすすめの代表曲は
ドラムのステーヴォが歌っている「Pain For Pleasure」。
デリックとは違うSUM41を味わえます。ちなみにダイブではステーヴォが歌っているにデリックがドラムをたたきます。
でも、もう脱退してステーヴォが歌っている姿は見られない。ライブの人気曲の1つです。
あとこのPVがかっこいいですね。

SUM41「All Killer No Filler」制作時のメンバー

名前 担当
Bizzy D  lead vocals, rhythm guitar
Brown Sound lead guitar, backing vocals
Cone  bass
Stevo 32 drums

村上大輔さんは元気でやっているのでしょうか


SUM41のロゴをよく見かけましたね。

夏の始まり、青春の始まり、カナダから世界へ


全世界で300万のヒットとなった「All Killer No Filler」。
捨て曲なしの初期衝動のまま完成させた作品。
グリーンデイ、ランシド、オプスプリングの影響を受けまくった純粋無垢のパンクキッズのSUM41。
若干ハタチ前後の4人組が仕上げた完成度が高いアルバム「All Killer No Filler」。
いつまでも色褪せない青春のアルバムだ。

アーティスト情報

公式ホームページ:http://www.sum41.com/
公式Twitter:https://twitter.com/sum41
公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC5zU9uDbWQh6YW8qY5JsTXw

公式Facebook:https://www.facebook.com/sum41
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/sum41/