音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

Radiohead

全曲紹介!Radiohead「AMNESIAC」(アムニージアック)

Radiohead「AMNESIAC」のジャケット

Radiohead「AMNESIAC」の収録曲

1.Packt Like Sardines in a Crushd Tin Box
2.Pyramid Song
3.Pulk/Pull Revolving Doors
4.You and Whose Army?
5.I Might Be Wrong
6.Knives Out
7.Morning Bell/Amnesiac
8.Dollars and Cents
9.Hunting Bears
10.Like Spinning Plates
11.Life in a Glasshouse

Radiohead「AMNESIAC」とは


世界中で400万枚以上のセールスを記録した前作の「KID A」の翌年2001年に発売したRadiohead(レディオヘッド)の5枚目のアルバム「AMNESIAC」(アムニージアック)。
前作の「KID A」で創り上げた世界観、美しくもあり、畏怖もあり、幻想的でもあり、紛れもなく現実の音楽がさらに深く色濃くなったアルバム。
「KID A」がA面ならまぎれもなく「AMNESIAC」はB面、つまり「KID B」だ。
誰も到達したことがない深海に満足して浸っていると、さらに深い闇の存在を知る。はじめて「AMNESIAC」を聞いた感想。
はじまりのベルが鳴る「Packt Like Sardines in a Crushd Tin Box」、ピアノから始まる物憂げなメロディライブセトリで定番曲「Pyramid Song」、正直、めちゃくちゃ怖いです、「Pulk/Pull Revolving Doors」、世界はそこまで醜くて美しいものである「You and Whose Army?」、あ、Knivesでナイフって読むんですね「Knives Out」、前作同様に代表曲「Morning Bell/Amnesiac」、人気曲「Dollars and Cents」、2分のショートストーリー「Hunting Bears」、有名曲「Like Spinning Plates」、ラストのふさわしい「Life in a Glasshouse」と深い深い闇の中にほんのりぼんやりかすかに光る玉のような11曲の名盤。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RADIOHEAD / KID A MNESIA (LTD / RED VINYL) (3LP)
価格:8329円(税込、送料別) (2021/11/5時点)

おすすめ代表曲は「Life in a Glasshouse」

Radiohead(レディオヘッド)の「AMNESIAC」(アムニージアック)の中からおすすめ代表曲は「Life in a Glasshouse」。
結末に納得いかないと「後味悪い」って言葉で表現します。でも対義語ってなかなか思い浮かびません。
ググってもいい言葉が見つからない。でも、見つけました、それは「Life in a Glasshouse」。
結末にすべて納得できる、それが「Life in a Glasshouse」。だからこそ名盤のラストナンバーでありおすすめの代表曲は「Life in a Glasshouse」。

Radiohead「AMNESIAC」制作時のメンバー

名前 担当
Thom Yorke vocals, guitar, piano, keyboards
Jonny Greenwood guitar, keyboards, ondes Martenot, orchestral arrangements
Colin Greenwood bass guitar
Ed O’Brien guitar, effects, backing vocals
Philip Selway Drums and percussion

 

悲しい、悲しい、悲しい、悲しい


ブックレットから伝えるメッセージ。

サブスク時代では届かないCDならではの魅力ですね。

RadioheadのバンドTシャツ

世界中のだれもが知っている記憶を失った少年B


「KID A」と「AMNESIAC」は2作品で1つと長年思っていた、そしたら2021年に「Kid A Mnesia」を出すんのだから。
「AMNESIAC」は和訳すると「記憶喪失者」、それはつまり「KID A」。いや「KID B」なのか。
そんなことはどうでもいい。
エレクトロニック・ミュージック、打ち込み、クラウト・ロック、ジャズ、と音楽のジャンルを1つに区切れない「Radiohead」というジャンルを確立した名盤。
ブックレットを眺めながら聞いてほしいアルバムの1つ。

アーティスト情報

公式ホームページ:https://www.radiohead.com/
公式Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCq19-LqvG35A-30oyAiPiqA
公式Twitter:https://twitter.com/radiohead


洋楽ランキング