音楽を語らしてけろ!

サブスクでは届かない音楽があるはず。

NO USE FOR A NAME

全曲紹介! NO USE FOR A NAME「Making Friends」(ノー・ユース・フォー・ア・ネイム)

NO USE FOR A NAME「Making Friends」のジャケット

NO USE FOR A NAME「Making Friends」の収録曲


1. The Answer Is Still No
2. Invincible
3. Growing Down
4. On The Outside
5. A Postcard Would Be Nice
6. Secret
7. Best Regards
8. Revenge
9. Sidewalk
10. 3 Month Weekend
11. Sitting Duck
12. Fields Of Athenry

ブランド宅配買取実績No.1!ブランド売るなら【Brandear(ブランディア)】

NO USE FOR A NAME「Making Friends」とは


人気メロディックパンクバンドNO USE FOR A NAME(ノー・ユース・フォー・ア・ネイム)の1997年発売の4枚目のアルバム「Making Friends」(メイキングフレンズ)。
前作の名盤「¡Leche con Carne!」から2年後の作品であり、激しくもなく、バラードでもなく、ミディアムナンバーで構成されたアルバム。
ミディアムナンバーばかりですが。飽きがこないのはさすがNO USE FOR A NAME。
最後のボーナストラックは無音が6分以上続くので多少イラっとしますが、
なぜか最後の最後に「Soulmate」のイントロが流れます。
しかし、「FxxKin’ Stop」的な感じで演奏が止まっちゃいます。
13曲36分ですが、最後に11分あるので実際は30分未満のアルバムで少し物足りない気がします。
ノーユースのライブで物足りなさを払拭しろってことですかね。
プロデューサーはライアン・グリーンを起用。ギターに後のフーファイターズのギターになるクリス・シフレットが在籍していたころの作品。
お住まいアンケートでAmazonギフト券プレゼント

オススメ代表曲は「Sitting Duck」

NO USE FOR A NAME節炸裂のミディアムナンバーで、メロディアスであり哀愁がある。
スムーズに流れていく川のように、とにかく気持ちいいんです。
無数の穴が開いているとしたら、その穴にすっぽり入る。そんな感覚。

NO USE FOR A NAME「Making Friends」制作時のメンバー

名前 担当
Tony Sly vocals, guitar
Chirs Shiflet guitar
Matt Riddle bass
Rory Koff drums

ジャケットの焚火はとくに触れないのがノーユース流


バンドメンバーが前作から2人変わりました。


自分で考えろってことですね。

ソウルメイトを作るよりも友達を作ろう


NO USE FOR A NAME(ノー・ユース・フォー・ア・ネイム)の「Making Friends」(メイキングフレンズ)は
全12曲36分。11分もある12曲目を除けば25分の構成。短編小説よりもショートショートを読んでいる感覚に近い。
名無しの男たちの短編小説、友達作るにはうってつけだ。
ボーカルのトニーがなくなったけど、物語はいつまでもいつまでも焚火を囲いながら語られるだろう。

アーティスト情報

所属レーベルのホームページ:https://fatwreck.com/



パンク・ハードコアランキング

お金の教養講座